天然 葉酸サプリ

モノグルタミン酸型とポリグルタミン酸型の葉酸の違い

葉酸には、モノグルタミン酸型とポリグルタミン酸型という2つのタイプがあります。
モノグルタミン酸型は、科学的な加工をした葉酸で、加工食品などにも含まれている葉酸もこのタイプになります。
一方、ポリグルタミン酸型の葉酸は、食材に含まれているもので、いわゆる天然の葉酸ということです。
つまり、単純に言ってしまうと、モノグルタミン酸型とポリグルタミン酸型の違いは、化学合成されているか、天然のものかということです。

 

でも、タイプ的な違いはこれだけですが、もっと重要な違いがあります。
モノグルタミン酸型は、ポリグルタミン酸型よりも吸収率が良いというメリットがあります。
これは、メリットであるとともにデメリットにもなります。
それは、葉酸の過剰摂取の可能性があるということです。
天然の葉酸であるポリグルタミン酸型は、胃などで吸収されるので、摂取をしすぎても尿などで排出されていきます。
でも、モノグルタミン酸型は化学合成されているため、肝臓で分解されて吸収されます。
ですから、過剰摂取してしまうと、肝臓に負担がかかったり、アレルギーを発症するリスクがあります。
つまり、副作用が引き起こされる可能性があるという違いがあるのです。

 

葉酸サプリも、モノグルタミン酸型とポリグルタミン酸型に分かれます。
どちらが良いとは言えませんが、妊婦さんにとってデメリットがあるものを摂取するのは大きなリスクとなります。
ですから、葉酸サプリを選ぶ場合、単純に値段の安いものや、化学合成か天然ものかという違いだけではなく、副作用があるかないかの違いまでしっかり認識することが大切です。