天然 葉酸サプリ

葉酸摂取で「二分脊椎症」「無脳症」の障害リスクを軽減

赤ちゃんの成長には葉酸が欠かせない、と言うのはよく知られていることですね。
でも、どうして葉酸が欠かせないのか、ということを知っている方は少ないのではないでしょうか。

 

葉酸が胎児に重要と言われるのは、神経管欠損症を予防するためなのです。
神経管欠損症と言うのは、脳や脊髄のもととなる神経管が作られる、妊娠4週から5週ごろに起こる胎児の先天異常のことです。
神経管欠損症は、さまざまな要因が複合して起こるものなので、葉酸を摂取するだけで防げるものではありません。
でも、葉酸を摂取することで、発症のリスクを軽減させることが出来ます。

 

この神経管欠損症によって引き起こされるのが、二分脊髄症や無脳症です。
二分脊髄症は、神経管の下部で閉鎖障害が起こることで発症します。
二分脊髄が起きると、神経組織の障害が引き起こされるため、下半身の運動障害、直腸や膀胱の機能障害が起きることがあります。

 

無脳症とは、神経管の上部で閉鎖障害が起きることで、脳が不完全な形で形成される障害です。
つまり、頭部が正常に形成されないので、頭蓋骨が存在せず、眼球が欠落したり、口蓋裂なども見られます。
無脳症は、生まれることは出来ても成長出来ないので、生後短時間で死んでしまいます。

 

葉酸は、赤ちゃんを苦しめる二分脊髄症や無脳症を引き起こす神経管欠損症のリスクを軽減する、ただ一つの成分と言えるものです。
だからこそ、妊婦さんや妊娠を望む方が質の高い葉酸をしっかり摂取することが、赤ちゃんの健康を守ることにつながっていくのです。