天然 葉酸サプリ

葉酸不足がお腹の赤ちゃんに与える影響

妊娠初期は、胎児の細胞分裂がさかんに行われる時期となっています。
この時期に葉酸が不足すると、お腹の赤ちゃんには深刻な事態が引き起こされます。
それは、先天性の疾患を患ってしまうということです。

 

葉酸は体内で生成されるものではないので、食材などから取り入れる必要があります。
葉酸と言うのは、赤血球の生産をサポートするという働きを持っています。
この葉酸が不足すると、生活習慣病による心血管系疾患や悪性の貧血などが引き起こされます。
また、細胞の生産を助けるという働きも持っています。
つまり、葉酸不足は細胞分裂の低下にもなるので、大人でも免疫機能が低下したり、消化器官の異常が起きることがあります。

 

胎児に葉酸が欠乏するということは、赤血球の生産や細胞分裂が上手くいかなくなるということです。
そのため、発育不全が起こったり、神経管閉鎖障害という中枢神経系の病気が引き起こされるリスクが高くなります。
これが先天性の異常になり、命に関わる重大な疾患を発症する危険性もあるのです。
神経管閉鎖障害による疾患は、無脳症や二分脊髄症などが代表的なものと言えます。
無脳症は脳が正常に育たないというものですし、二分脊髄は脊髄が二つに分かれてしまう異常です。
無脳症の場合は、生命維持活動が出来たとしても、生き続けることは出来ません。
二分脊髄症は、下半身に障害が出たりするので、普通の生活を送れなくなります。
赤ちゃんにこのような疾患をもたらすのが葉酸不足であり、だからこそ妊娠を望む方や妊婦さんは葉酸の摂取が必要なのです。

 

妊娠初期の葉酸サプリ